何でも診たい

治したいを実現

総合診療科

NEWS ニュース

2021/10/19
消化器ナーシングに小松先生、斎藤先生、西江先生が執筆した腹痛、嘔吐、血便に関する原稿が掲載されました!
東邦大学医療センター大橋病院外科主任教授斉田芳久先生からお話をいただき、看護師さん向けの雑誌「消化器ナーシング」に当科医局員の先生方が執筆してくれた記事が掲載されました。カラフルで明快な紙面に仕上げていただき、綺麗な仕上 […]
2021/10/17
日本病院総合診療医学会雑誌 第17巻 第5号 2021年9月で巻頭言執筆の機会をいただきました。
 学会誌の巻頭言を読んでくださる先生はそれほど多くないと思います。日本病院総合診療医学会雑誌 第17巻 第5号 2021年9月で巻頭言執筆の機会をいただき、通常の論文では書けないことを書いてしまいました。本音を言う機会は […]
2021/10/04
若手部会副代表退任を記念してプレゼントと色紙をいただきました!
若手部会執行部のメンバーから、副代表退任を記念して素敵なプレゼントと心温まる色紙をいただきました! 私自身がメンバーの皆さんに与えてもらうことばかりだったのに、こんなことまでしていただき、とても感動しています!素晴らしい […]
2021/10/03
レジデント竹下智史先生が研修報告を行いました。
東京山手メディカルセンターで活躍しているレジデントの竹下智史先生が10月2日(土)医局で研修報告を行いました。  糖尿病をサブスペシャリティーとする総合診療医を目指している竹下先生は、内科専攻プログラムで、大森 […]
2021/10/03
医学部ニュースに科学研究補助金採択に関する記事を掲載させていただきました。
本学の医学部ニュース165号に科学研究補助金(通称科研費)採択に関する記事を掲載させていただきました。憧れつつも自分とは縁遠いと考えていた科研費の採択者一覧の最後に自分の名前を見つけた時の喜びは今でも忘れられません。 ご […]

ABOUT 総合診療科を知る

目指す医師像

詳細を見る

インタビュー

詳細を見る

MESSAGE

教授、指導医からの

メッセージ

「初めから断るつもりで 医者になろうなんて人はいないはずだよ」
メッセージを見る

EVENT 説明会/イベント

2021/10/19
消化器ナーシングに小松先生、斎藤先生、西江先生が執筆した腹痛、嘔吐、血便に関する原稿が掲載されました!
東邦大学医療センター大橋病院外科主任教授斉田芳久先生からお話をいただき、看護師さん向けの雑誌「消化器ナーシング」に当科医局員の先生方が執筆してくれた記事が掲載されました。カラフルで明快な紙面に仕上げていただき、綺麗な仕上がりに感激しています。 総合診療科の特色を活かして、症候からのアプローチとして、小松史哉先生には「腹痛」、斎藤隆弘先生には「嘔気・嘔吐」、西江龍太郎先生には「血便・下血」についてそれぞれ解説してもらいました。 機会がありましたら是非ご一読ください。 https://store.medica.co.jp/item/130112111?type=single こちらの購入サイトで一部立ち読みができるようです。 小松先生、斎藤先生、西江先生、臨床業務で多忙な中、わかりやすい記事の執筆、お疲れ様でした。貴重な機会をいただいた東邦大学医療センター大橋病院外科主任教授斉田芳久先生、西尾様はじめメディカ出版消化器ナーシング編集室の皆様に感謝申し上げます。 文責:佐々木 陽典 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
詳しく見る
2021/10/17
日本病院総合診療医学会雑誌 第17巻 第5号 2021年9月で巻頭言執筆の機会をいただきました。
 学会誌の巻頭言を読んでくださる先生はそれほど多くないと思います。日本病院総合診療医学会雑誌 第17巻 第5号 2021年9月で巻頭言執筆の機会をいただき、通常の論文では書けないことを書いてしまいました。本音を言う機会は年齢を重ねるほどに少なくなり、本人も自己抑制的になります。青森の銘酒「八仙」を飲みながらの原稿です。何卒ご容赦ください。                文責 瓜田純久 総合診療は医学のリべラルアーツ!                     東邦大学 総合診療・救急医学講座 瓜田 純久  会員の先生方が最前線で戦った新型コロナウイルス感染症ですが,日常生活や通常診療が大きく制限される状況が続いています。元来,医療人には道徳的信念や期待に反するような行為を強いられる状況への対応,診療の不確実性や告知など,医療者固有の葛藤や苦悩があり,これらがコロナ禍において増大し,修復困難な局面に何度も遭遇されたことと思います。多くの不条理を解決するため,当たり前と思っていることを改めて根底から問い直した方も多いことと思います。10 世紀後半のサレノス医学校を源流とする医学教育は,神学・法学・哲学に牽引されるようにボローニャ大学,パリ大学などへと広がりました。聴講のために学生が集まり誕生した大学ですが, 15 世紀の活版印刷の発明により本から学ぶことが可能となり,さらに産業革命の果実を得るため に技術者育成が急がれ,大学は衰退していった歴史があります。19 世紀,フンボルト大学が「人格陶冶」を掲げ,教育と研究を一体化させたゼミナール方式を取り入れ,大学が見直されます。医学 においても産業革命の原動力となったニュートン力学により,機械論的生理学が誕生し,経験的医療から科学的医学へと大きく転換します。フンボルト大学では人格陶冶の下,全人格教育を行うはずでしたが,視野の狭い専門研究者が多数誕生してしまいます。日本では産業革命の果実は軍需産業として速やかに受け入れられ,「明日役立つ学問」が推奨され,現在の産学連携,イノべーションに繋がります。国立大学では教養学部が廃止され,明確な理系優先路線が敷かれます。高度経済成 長を背景に,総合的知識を学ぶ姿勢を蔑視する風潮が広がり,科学者と教養文化との隔たりが大きくなりました。その姿勢が野放図に拡大した科学を生み出し,環境問題,遺伝子操作,核開発,石 油ショックなど,人類全体の危機に繋がったと痛烈に批判する哲学者もいます。多くの領域を学ぶことが理想とされたルネサンス期の全人格教育を見直し,基礎的教養を形づくり,人としての根幹部分をつくるリべラルアーツ教育が1970 年代から見直されています。しかし, 教養や基礎医学が削減されていく医学教育は,「人格陶冶」を目指すリべラルアーツ教育とは明らかに逆行しています。医学部教育では臨床実習優先となり,レジデント教育でも限られた疾患にエネルギーを集中する臓器別専門医教育が中心であり,フンボルト大学方式が色濃く反映されています。 臨床現場では見えない領域への理解が難しくなり,コミュニケーションエラーが生じやすくなって います。医学教育も未だ産業革命の熱狂の中にいるのかもしれません。  新型コロナウイルス感染診療において遭遇する多くの不条理な場面においても,複雑な背景を持つ患者さんへの医療を着実に実践する総合診療医は,リべラルアーツを担うことができる数少ない医療人であると,改めて痛感しています。幅広い領域からの投稿をお待ちしています。 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
詳しく見る
2021/10/04
若手部会副代表退任を記念してプレゼントと色紙をいただきました!
若手部会執行部のメンバーから、副代表退任を記念して素敵なプレゼントと心温まる色紙をいただきました! 私自身がメンバーの皆さんに与えてもらうことばかりだったのに、こんなことまでしていただき、とても感動しています!素晴らしい仲間に恵まれて仕事をする貴重な機会をいただけたことに改めて感謝しています。 今後も若手部会を応援する立場として、ひきつづき一緒に頑張って行きたいとの思いを強くしました。 文責:佐々木 陽典 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
詳しく見る
2021/10/03
レジデント竹下智史先生が研修報告を行いました。
東京山手メディカルセンターで活躍しているレジデントの竹下智史先生が10月2日(土)医局で研修報告を行いました。  糖尿病をサブスペシャリティーとする総合診療医を目指している竹下先生は、内科専攻プログラムで、大森赤十字病院の糖尿病内科でトレーニングをはじめました。師匠の北里先生は、合併症の多い糖尿病患者さんを診るためには、内科医としてのトレーニングが最優先と話しておられ、竹下先生も多くの患者さんの診療をさせていただきました。 その後、北里先生の勧めで東京山手メディカルセンター糖尿病内科へ移動し、さらに内分泌疾患などへの理解を深めて行きました。新型コロナ感染症が拡大する中で、感染症診療に多くのエフォートが求められましたが、指導医の先生方のご配慮で、専門分野の研修も着実に進めていただきました。誠にありがとうございます。  竹下先生は1年後に大学に戻る予定です。大きくなって戻ってきてくれることを期待しています。東京山手メディカルセンターのスタッフの方々に、この場を借りてお礼申し上げます。                   文責 瓜田純久 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
詳しく見る
2021/10/03
医学部ニュースに科学研究補助金採択に関する記事を掲載させていただきました。
本学の医学部ニュース165号に科学研究補助金(通称科研費)採択に関する記事を掲載させていただきました。憧れつつも自分とは縁遠いと考えていた科研費の採択者一覧の最後に自分の名前を見つけた時の喜びは今でも忘れられません。 ご一読いただけると幸いです。 URL: https://www.toho-u.ac.jp/med/mednews/index.html 研究課題「前立腺癌バイオマーカーとしての呼気中アルデヒド類の有用性の検討」は、将来、採血をせずに吐き出した息を調べることで前立腺癌検診ができないかという夢のある研究であり、現在、おかげさまで順調に進行しております。 励ましてくださり、ご援助いただいた皆様に感謝申し上げます。 また、励まして続けてくださり、掲載の機会も与えてくださった狩野先生にも感謝申し上げます。 こちらにも転載させていただきます。 科学研究費補助金採択を受けて 総合診療・救急医学講座(大森) 佐々木 陽典 お金をかけずにできる研究として診療記録を用いた疫学研究に勤しんできた私にとって、科学研究費補助金(科研費)の獲得は夢であると同時に、自分には縁遠いものだと思っておりました。それだけに、三度目の正直で、採択者一覧の最後に私の名前を見つけた時の喜びは今でも忘れられません。 採択に至ったのはURAの武藤先生の指導のおかげと感謝しております。述べ3時間以上にわたる対面指導に加えて、数十回メールをやり取りして、親身にご指導いただきました。「この文章は何を言っているのか理解できない。」と厳しいご指摘をいただき、自らの未熟さを痛感させられる一方で、研究の意義をご理解いただき、「どの細目で申請するのがよいか」まで一緒に考えていただいたことで「どうせ無理だ」と諦めてしまいそうな科研費申請を「実現可能な目標」として捉え続けられたように思います。 採択によって研究が前進し、頻繁に実験室に出入りするようになったことで、研究の楽しさを実感できるようになり、また、これまで縁のなかった方々と繋がりが持てるようになりました。統計ソフトとにらめっこするだけだった私の前に広がった新しい世界にワクワクしながら日々を過ごしております。 若手の先生方は是非URAを活用して物怖じせずに挑んでいただければと思います。ご指導に加え、励まし続けて下さった武藤先生、瓜田教授、狩野教授をはじめご支援いただいた皆様に感謝申し上げます。 文責:佐々木 陽典
詳しく見る

JOIN US 入局希望の方へ

まずは医局の様子を見に来てみませんか?

お気軽に、ご連絡下さい

問い合わせフォーム