何でも診たい

治したいを実現

総合診療科

NEWS ニュース

2021/04/17
入局の抱負―松本愛子先生
松本先生は学生時代から総合診療に興味を持ってくれており、本学卒業後は大森病院で熱心に研修され、この度、当科に入局してくれました! 松本先生に入局に際しての抱負を語ってもらいました。 === 令和3年4月に大森病院総合診療 […]
2021/04/05
NHK Eテレ 「チョイス@病気になったとき」に佐々木陽典先生が川崎医師会の廣津伸夫先生と出演しました。
3月27日(土)20:00からNHK Eテレ 「チョイス@病気になったとき」に佐々木先生が出演しました。「患者力アップ」というテーマでした。 八島智人さん、大和田美帆さん、そして松田利仁亜アナウンサーのいつものメンバーと […]
2021/04/05
大学院生 鈴木健志先生が学位を取得しました!
 大学院生 鈴木健志先生が維持透析治療におけるケトン体代謝について研究し、論文「Change of plasma ketone bodies and skin gas acetone in hemodialysis pa […]
2021/03/27
貴島先生が3月いっぱいで退職されます。
長年、医局で中心的役割を果たしてくださった貴島祥先生が医院を継承されるため、3月いっぱいで当医局を退局されます。 貴島先生は滋賀医科大学をご卒業後、がん治療のメッカであるがん研有明病院等での研修を修められ、2012年に当 […]
2021/03/23
「患者力」をテーマとした「チョイス@病気になった時」特番が3/27放送予定です。
3月27日(土) 20:00-20:45にNHK Eテレで「患者力」をテーマとした「チョイス@病気になった時」の特別番組が放送される予定です(再放送:4月2日(金) 12:00-12:45予定)。 *高校野球中継の影響で […]

ABOUT 総合診療科を知る

目指す医師像

詳細を見る

インタビュー

詳細を見る

MESSAGE

教授、指導医からの

メッセージ

「初めから断るつもりで 医者になろうなんて人はいないはずだよ」
メッセージを見る

EVENT 説明会/イベント

2021/04/17
入局の抱負―松本愛子先生
松本先生は学生時代から総合診療に興味を持ってくれており、本学卒業後は大森病院で熱心に研修され、この度、当科に入局してくれました! 松本先生に入局に際しての抱負を語ってもらいました。 === 令和3年4月に大森病院総合診療科へ入局させていただきました、松本愛子と申します。 大森病院での2年間の初期研修を経て、医師として自分に何ができるのかと色々悩みました。 今は、まずは少しでも患者様の辛さを軽減できるように、日々研鑽を積んでいきたいと考えています。 患者様1人1人にしっかり向き合い、医師として人として少しでも成長できるよう日々精進してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。 松本 愛子 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
詳しく見る
2021/04/05
NHK Eテレ 「チョイス@病気になったとき」に佐々木陽典先生が川崎医師会の廣津伸夫先生と出演しました。
3月27日(土)20:00からNHK Eテレ 「チョイス@病気になったとき」に佐々木先生が出演しました。「患者力アップ」というテーマでした。 八島智人さん、大和田美帆さん、そして松田利仁亜アナウンサーのいつものメンバーと、一新されたスタジオでの初放映でした。 東邦大学2号館が映し出され、総合診療科が紹介されました。 5回目の出演になる佐々木先生は、臨床推論の組み立てを説明していました。 今回ご紹介した症例は複数の大学病院の循環器内科、呼吸器内科に受診しても原因不明であった呼吸困難の症例です。ご本人が実際に出演してくれました。 佐々木先生はHbA1cが非常に低値であったことから、異常ヘモグロビン血症を疑いました。そして長期間服薬していた薬剤があることから、血液ガス分析を実施し、メトヘモグロビン血症が原因であることを突き止めました。 休薬しただけで呼吸困難が改善した患者さんは、本当に総合診療科に行ってよかったと話してくれました。そして、階段を軽やかに駆け上がって職場に向かう場面に出てきたのは、廣津医院!  廣津先生は感染症専門医であり、川崎市で開業されています。廣津先生が医師であることをお示ししてから、佐々木先生から「かかりつけ医が最も身近な総合診療医である」という流れで放映されました。メトヘモグロビン血症の動脈血はチョコレート色になると教科書に記載されています。振り返ってみると、動脈血採取時に「あれ?静脈だったかな?」結果を見て「よかった、動脈血だ」という場面はこれまでの医師人生で何度かありました。血ガス測定にはメトヘモグロビン濃度が測定されない機器もありますので、そのような場面では、おそらく重要なメトヘモグロビン血症を見逃していたのかもしれません。 廣津先生が最後に決めてくれました。  番組後のメールで廣津先生がとても印象に残ることを教えてくれました。カミュのペストから引用され、「不条理に抗するには、今、自分のできることをただ行うことだけ」そして、「不条理に勝つ、負けるではなく、実践し続けることだ」COVID-19と対峙している私どもがすべきことは、まさにこれに尽きるのかもしれません。 廣津先生、出演いただきまして、誠にありがとうございます。今後ともご指導いただきたく、お願い申し上げます。佐々木先生、大変お疲れ様でした。今回の主役は廣津先生でしたね。それもまたgood job!                           文責 瓜田純久 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------
詳しく見る
2021/04/05
大学院生 鈴木健志先生が学位を取得しました!
 大学院生 鈴木健志先生が維持透析治療におけるケトン体代謝について研究し、論文「Change of plasma ketone bodies and skin gas acetone in hemodialysis patients」をToho J Medに発表し、学位を取得しました。研究フィールドとなることがほとんどなかった慢性維持透析ですが、長期生存が期待できるようになり、その病態は様々です。透析後で血中ケトン体は予想以上に増加していますが、そのプロフィールには予想外の変化が見られました。皮膚から排出されるアセトンガスも測定し、オリジナリティの高い論文になりました。  1月28日に開催された学位審査では、緊張気味の鈴木先生でしたが、審査の教授たちの多数の質問に、丁寧に答えていました。 学位審査には、指導医の佐々木陽典先生も駆けつけてくれました。これまでの数少ない報告と異なった結果が得られたため、ケトン体の代謝についての考察は慎重に行われました。佐々木先生、瓜田、鈴木先生でなんども議論した内容はたった1枚のスライドにまとめられました。学位審査終了後に、そのスライドをバックにパチリ! 3月31日には学位授与式が行われました。学祖 額田先生の母上様の胸像の前で、記念撮影しました。写真をとってくれたのは、麻酔科の同期生 長谷川誠先生でした。ありがとうございました。 鈴木先生は神戸大学を卒業後、医師を志して再受験し、東邦大学に入学してくれました。30歳を過ぎてからの再受験でしたが、優秀な成績で卒業し、済生会横浜南部病院で初期研修を行いました。その後、東邦大学総合診療科に入局し、内科学会認定医、腎臓専門医を取得しています。川崎幸病院、長岡赤十字病院にもお世話になりました。誠実な人柄と思いやりの溢れた診療は多くの病院から高く評価され、年齢を感じさせない?フットワークの良さは、診療だけではなく、研究においても存分に発揮されました。鈴木先生、本当にお疲れ様でした。  鈴木先生は4月から長岡赤十字病院に出向し、さらに総合診療医、腎臓専門医として研鑽を続けていきます。長岡赤十字病院のある長岡市は、幕末に活躍した長岡藩士 河井継之助が有名です。7万石の小藩でありがら、スイスのような武装中立を目指した長岡藩は、窮地に追い込まれた会津を中心とした東北列藩同盟と新政府軍の無益な流血を阻止するために、尽力してくれました。交渉決裂後に長岡藩は奥羽越列藩同盟に加わり、河井継之助が陣頭指揮に立ち、新政府と互角に戦いました。最終的には総崩れになりますが、小藩の奮闘は東北列藩同盟を奮い起たせたことは間違いありません。津軽出身の瓜田としては、長岡の鈴木先生との研究で新たな知見を得られたことは、大きな意義を感じています。津軽は蝦夷(えみし)が松前から渡ってきてこの国の津を借りて住んだことから「津刈」になり、都加留、さらに時代を経て津軽へと変化したと言われています。日本書紀によると,蝦夷の中で最も遠い「都加留」は独立の気配が濃厚で,戦でも負けることを知らない、と朝廷からの支配に抵抗してきた歴史があります.太宰治が「津軽」において、「弘前の城下の人たちには何が何やらわからぬ稜々たる反骨があるやうだ」と書いていますが、その気風は今も「じょっぱり」として残っています。  話が脱線しましたが、長岡で地域医療に従事する鈴木先生の父上、健介先生の絶大な協力をいただき、今回の論文は完成しました。親子での共著論文は、格別な意味があります。健介先生、誠にありがとうございます。私は父親が急死したとき、死んだ父親の名前を入れて学会発表させていただき、供養したことを思い出しました。コロナ感染症が終息しましたら、長岡で祝杯をあげたいと思いますので、よろしくお願いします。                         文責 瓜田純久 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------  
詳しく見る
2021/03/27
貴島先生が3月いっぱいで退職されます。
長年、医局で中心的役割を果たしてくださった貴島祥先生が医院を継承されるため、3月いっぱいで当医局を退局されます。 貴島先生は滋賀医科大学をご卒業後、がん治療のメッカであるがん研有明病院等での研修を修められ、2012年に当科にレジデントとして入局され、2016年からは助教として臨床・研究・教育に尽力されました。 豊富ながん診療の経験と知識から、それまで当科にはなかった考え方を授けてくださり、特に原発不明癌の診療では医局の知恵袋のような存在でした。 知識が豊富だったことももちろんですが、何よりも、温厚で礼儀正しい姿勢が印象的でした。病態だけでなく社会的にも複雑な背景を持つ大学病院総合診療科の患者さんと真摯に向き合っていただき、ご苦労も絶えなかったと思いますが、いつも笑顔で礼儀正しく、お仕事されていたことが印象的です。貴島先生の退職を残念に思う患者さんは多いのではないかと思います。 とても教育熱心な先生でもあり、知識や技能だけではなく、貴島先生の薫陶に触れて医師としての礼節やプロフェッショナリズムを学んだ研修医・レジデントも多かったのではないかと思います。 4月以降は新宿区四谷1丁目の閑静な住宅街で70年近く開業されている佐藤内科小児科医院に新しい院長として就任されます。 もともとカトリック教徒の先生が建設されたこともあり、教会のような佇まいの医院で、貴島先生の温和で上品な雰囲気にぴったりです。(貴島先生が医局でキリスト教の本を読書されていたことを思い出します。) https://satohanamizuki.com お近くで受診が必要な際には是非ご利用ください(ホームページもリニューアル予定です)。 貴島先生、今まで本当にありがとうございました。 コロナ禍で送別会も開催できず、申し訳ないのですが、医局員一同、先生の新天地でのご活躍を心からお祈りしております。 私が花束を渡す大役をいただきました。 河越先生とツーショット 河越先生は4月から大橋病院でさらに糖尿病と内分泌疾患を極める予定です。 文責:佐々木 陽典 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------
詳しく見る
2021/03/23
「患者力」をテーマとした「チョイス@病気になった時」特番が3/27放送予定です。
3月27日(土) 20:00-20:45にNHK Eテレで「患者力」をテーマとした「チョイス@病気になった時」の特別番組が放送される予定です(再放送:4月2日(金) 12:00-12:45予定)。 *高校野球中継の影響で放送時間が遅れる可能性があります。 https://www.nhk.jp/p/kenko-choice/ts/7JKJ2P6JVQ/episode/te/QZJK8166Y2/ 今回は特別番組ということで、新しくなったスタジオで「患者力」という視点から 病院はどうやって選ぶ? 医師とうまく話すには?医療情報はどうやって探す? という3つのテーマで番組が構成されています。 「病院はどうやって選ぶ?」の部分で、「総合診療科」について紹介していただきました! 私は、臓器別専門科で診断がつかず、患者さんが総合診療科を自ら選択して受診してくださり、結果として診断に至った症例の紹介を通じて、 医学の進歩に伴い知識量が増え、専門家がすべての領域をカバーすることができなくなってきた現状を踏まえ、総合診療医がより幅広い可能性を考えて診断を行い、専門医と協力して治療に関わったり、患者さんと専門医の橋渡しを担うようになってきている総合診療医の役割は働く場所やニーズによって様々であり、難しい病気の診断だけでなく、ありふれた病気の診療や、患者さんを体・病気だけでなく、心理的・社会的背景や家族の問題、介護まで含めて、幅広く人間として診療する役割を担っている(未熟な私にはできていないことばかりですが…)「症状の原因がわからない時」、「どの診療科を受診したらいいかわからない時」等には総合診療科の受診を考えてほしいかかりつけ医の先生も総合診療科医としての役割を担っており、専門医と協働しているので、活用していただきたい といったお話をさせていただきました。 今度で5回目の「チョイス@病気になった時」出演になりますが、毎回緊張します。今回もNHKアナウンサーの出田さん(これまで毎回ご一緒させていただき、お互いの子供の近況をお話していたのですが、今回でチョイスは卒業とのことです)、松田さん、スタッフの皆様に気さくに話しかけていただき、緊張をほぐしていただきました。 今回は三人のゲストが出演することもあり、普段より長時間の収録でしたが、スタジオで、東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野准教授の奥原剛先生に、じっくりお話を伺えたことも大変貴重でした! 「社会的証明の効果」、「進化的最適環境」等、進化心理学、社会心理学、行動経済学等に基づく情報との付き合い方等について、とても興味深いお話を伺いました。 医療コミュニケーション学講座は東京大学と京都大学にしか設置されていないとのことですが、今後は東大医学部生を対象に教育が行われるようになるとのことです。私も総合診療医として、医療コミュニケーションの重要性を日々痛感していますが、系統的に学んだことがないので、コミュニケーションを学問として学ぶ機会が増えることには大きな意義があるとの思いを強く致しました。 リモート出演でしたので直接お話はできませんでしたが、秋田大学大学院医学系研究科医学教育学講座教授の長谷川仁志先生からは「これからは、患者さんとのコミュニケーションを積極的に図り、患者さんの話を聞く/患者さんに説明する能力の高い医療者が必要とされている」というメッセージを伺うことができ、背中を押されると同時に身が引き締まる思いでした。 番組作成にご尽力いただき、素晴らしいVTR作成にご協力いただいた廣津先生に心より感謝申し上げます。 皆様、是非ご覧ください! 文責:佐々木 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------
詳しく見る

JOIN US 入局希望の方へ

まずは医局の様子を見に来てみませんか?

お気軽に、ご連絡下さい

問い合わせフォーム