NEWS ニュース

研究公正推進セミナーで講演させていただきました。

 年度末、医学部で開催された6回に及ぶ研究公正推進セミナーで講演させていただきました。病院病理学 渋谷教授が司会の労を執ってくださいました。

 医学部倫理教育の一環として開催が決定した昨年11月に渋谷教授からお話があり、何を話そうかと考えておりました。臨床倫理、医療安全については院長室は連日遭遇する問題ですが、研究倫理についてのセミナーにおいては、何を話すべきか大いに迷いました。

日常的に耳にする「忙しくて研究する時間はない!」という臨床医に対してメッセージを発するべく、働き方改革への対応に追われる現状に合わせて、「勤勉革命」についてお話させていただきました。16世紀の欧州では余暇の多さを厳しく批判した宗教改革が進み、労働時間は年間3,700時間に及ぶ国もあり、産業革命の成果を実社会へと速やかに還元する重要な役割を果たしてきた歴史があります。

ヤン・ド・フリースの文献は読み応えたありました。年間平均労働時間が3,700時間に達した国もあり、労働と生活が一体となっていた当時の社会情勢が伺われました。

 本来、やりがいのある仕事として行う研究活動に「労働」としての感覚が侵入すると、研究不正の罠に陥りかねません。まとめはカミュの「形而上学的反抗」から、アカデミアにおける臨床医の労働への向き合い方についてじっくり考えることで、Decent studyを実践したいと大きな目標を設定して終了しました。

 参加していただいた先生方、また貴重な機会をいただきました渋谷教授に感謝申し上げます。

                      文責 瓜田純久

———————————————————————————————————————————–

日本病院合診療医学会英語雑誌に共著した3報の症例報告が掲載されました。

日本病院合診療医学会の英語雑誌Journal of Hospital General Medicineに血液内科長瀬先生と共著させていただいた症例報告2報と口腔外科の先生方と共著させていただいた歯科治療による縦隔気腫の症例報告1報が掲載されました。

寒冷凝集素症に関する症例報告は私自身が診断に難渋し、長瀬先生に相談したところ、あっという間に診断に至った症例です。専門医の素晴らしさと同時に診断医としての私自身の未熟さを痛感した症例であり、長瀬先生からご指導いただき、総合診療医への教訓となる症例報告を目指して共著させていただきました。

 舌下免疫療法による二次性好酸球増多症候群の症例報告も貴重で示唆に富む症例を報告できてよかったと安堵しております。

 歯科治療に伴う縦隔気腫の症例報告では執筆の段階で歯科麻酔によるアナフィラキシーショックとの鑑別が重要等の学びもあり、印象的で意義のある画像論文に仕上げることができたと思います。

私自身が症例報告に深く関わるのは久しぶりでしたが、昨年参加させていただいた日本病院総合診療医学会や日本腎臓病薬物療法学会での症例報告セッションに背中を押されて執筆(共著)に至りました。やはり症例報告の執筆はとても楽しく、臨床医としての醍醐味ではないかと改めて実感致しました。

沖縄時代の恩師に「症例報告が書けるということは臨床医として第一線に立ち続けていられていることの証です。」と励ましてもらったことを思い出し、とても、ありがたい気持ちです。

これからも執筆を続けていきたいと思います。ご指導・ご共著いただいた先生方に感謝申し上げます。

文責:佐々木 陽典

———————————————————————————————————————————–

今週末に「教えて!チョイスドクター 患者力アップ講座」が再放送されます。

今週土曜日(4月2日)午後8:00から「教えて!チョイスドクター 患者力アップ講座」が再放送されますので再度の告知です。

この番組は「患者力」という視点から

  1. 病院はどうやって選ぶ?
  2. 医師とうまく話すには?
  3. 医療情報はどうやって探す?

という3つのテーマで番組が構成されたもので、私は「病院はどうやって選ぶ?」の部分で、「総合診療科」について紹介していただき、臓器別専門科で診断がつかず、患者さんが総合診療科を自ら選択して受診してくださり、結果として診断に至った症例の紹介を通じて、

  • 医学の進歩に伴い知識量が増え、専門家がすべての領域をカバーすることができなくなってきた現状を踏まえ、総合診療医がより幅広い可能性を考えて診断を行い、専門医と協力して治療に関わったり、患者さんと専門医の橋渡しを担うようになってきている
  • 総合診療医の役割は働く場所やニーズによって様々であり、難しい病気の診断だけでなく、ありふれた病気の診療や、患者さんを体・病気だけでなく、心理的・社会的背景や家族の問題、介護まで含めて、幅広く人間として診療する役割を担っている(未熟な私にはできていないことばかりですが…)
  • 「症状の原因がわからない時」、「どの診療科を受診したらいいかわからない時」等には総合診療科の受診を考えてほしい
  • かかりつけ医の先生も総合診療科医としての役割を担っており、専門医と協働しているので、活用していただきたい

といったお話をさせていただきました。

スタジオで、東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野准教授の奥原剛先生から「社会的証明の効果」、「進化的最適環境」等、進化心理学、社会心理学、行動経済学等に基づく情報との付き合い方等について、とても興味深いお話を伺えたことは今でも貴重な財産です。

皆様、ぜひご覧ください!

https://www.nhk.jp/p/kenko-choice/ts/7JKJ2P6JVQ/

文責:佐々木 陽典

———————————————————————————————————————————–

4月2日に「教えて!チョイスドクター 患者力アップ講座」が再放送されます。

NHKのディレクターからきたる4月2日に、昨年3月27日に放送された「教えて!チョイスドクター 患者力アップ講座」が再放送されるとのご連絡をいただきました。

この番組は「患者力」という視点から

  • 病院はどうやって選ぶ?
  • 医師とうまく話すには?
  • 医療情報はどうやって探す?

という3つのテーマで番組が構成されたもので、私は「病院はどうやって選ぶ?」の部分で、「総合診療科」について紹介していただき、臓器別専門科で診断がつかず、患者さんが総合診療科を自ら選択して受診してくださり、結果として診断に至った症例の紹介を通じて、

  • 医学の進歩に伴い知識量が増え、専門家がすべての領域をカバーすることができなくなってきた現状を踏まえ、総合診療医がより幅広い可能性を考えて診断を行い、専門医と協力して治療に関わったり、患者さんと専門医の橋渡しを担うようになってきている
  • 総合診療医の役割は働く場所やニーズによって様々であり、難しい病気の診断だけでなく、ありふれた病気の診療や、患者さんを体・病気だけでなく、心理的・社会的背景や家族の問題、介護まで含めて、幅広く人間として診療する役割を担っている(未熟な私にはできていないことばかりですが…)
  • 「症状の原因がわからない時」、「どの診療科を受診したらいいかわからない時」等には総合診療科の受診を考えてほしい
  • かかりつけ医の先生も総合診療科医としての役割を担っており、専門医と協働しているので、活用していただきたい

といったお話をさせていただきました。

スタジオで、東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野准教授の奥原剛先生から「社会的証明の効果」、「進化的最適環境」等、進化心理学、社会心理学、行動経済学等に基づく情報との付き合い方等について、とても興味深いお話を伺えたことは今でも貴重な財産です。

皆様、ぜひご覧ください!

https://www.nhk.jp/p/kenko-choice/ts/7JKJ2P6JVQ/

文責:佐々木 陽典

———————————————————————————————————————————–

ラットを用いたプロピオン酸呼気試験に関する実験を行いました。

プロピンオン酸呼気試験によるビタミンB12欠乏症の診断はこの数年の私の主な研究テーマの一つです。患者さんにご協力いただいている臨床研究と並行して、ラットを用いた研究も行いたいと思い、今井先生、瓜田先生、佐藤さんのご指導・ご協力をいただき、2月23日(天皇誕生日)に実験を行いました。

当日は祝日にもかかわらず早朝から皆さんにお越しいただき、大橋病院の当直明けの河越先生も駆けつけてくれました。今井先生の達人技と他のメンバー全員での連携プレーで16匹分の検体を採取することができました。

日頃は疫学研究ばかりしている私が動物実験をするとはつい最近まで夢にも思わなかったのですが、遠心分離機を回したり、マイクロピペットで血清を分注するのはとても楽しく、実験をしている最中には、小学校の頃の遠足や大学でのダイビング旅行を思い出しました(笑)。

すでに結果を解析中であり、予想以上に期待できる結果が出ておりますので、早速、追加実験の準備を進めております。素晴らしい結果を発表できる日をワクワクしながら夢見ております。

熟練の達人技を披露する今井先生とそれを絶妙なコンビネーションで介助する河越先生。

河越先生の真剣な眼差しが印象的です。

慣れない手つきでマイクロピペットを操作している私の後ろ姿です。

認めたくはありませんが、熊のプーさんを彷彿とさせます。

文責:佐々木 陽典

———————————————————————————————————————————–