NEWS ニュース

広報誌The Expertに記事を掲載させていただきました。

この度、近隣の医療機関の皆様を対象とした当院の広報誌の一つであるThe Expertに私と当科の紹介記事を掲載していただきました。
ご笑覧いただけると幸いです。

広報誌「The Expert」

————————————————————————————————————————————————————————————————————

第16回日本病院総合診療学会に参加して参りました。

3月2日(金)~3月3日に大分県別府市で行われた第16回日本病院総合診療学会に参加して参りました。

今回は研修医が過去最多の10名も参加してくれたこともあり、とても盛り上がりました。

研修医1年目の副島先生は今月で退官される中嶋教授が長年研究されてきた感染性胃腸炎に関する研究成果を「急性胃腸炎1000例の検討」として、とてもわかりやすくまとめ上げ、素晴らしい発表を行い、なんと学会会長賞の栄誉に輝きました!

更に同じく研修医1年目の古川先生も中嶋教授の指導のもと経口血糖降下薬に関連した特発性腸管気腫症の2例に関する詳細な考察を明快に図示したポスター発表を行い、見事に育成賞演題に選ばれました。

研修医1年目の佐藤先生、佐野先生コンビは“Dr. G”鈴木富雄先生が司会進行を努めて下さった“Dr. G in Oita”で東邦大学を代表して、素晴らしい臨床推論を堂々と披露してくれました。「東邦の研修医はこんなに優秀なのか!」と一番驚いたのは実は私達医局員だったように思います。

他の研修医達もポスター、口演でそれぞれ見事に大役を果たしてくれました。貴重な症例を印象的な画像で明快に示してくれた長山先生、森須先生、見事でした。研修医1年目にして百例近くに及ぶ失神症例の分析を発表した山本先生も素晴らしかったです。神山先生、岡田先生は研修医ながら見事に口演発表を行いました。岡田先生は鋭い質問にもしっかりと勉強した内容を答え、彼女がいかに真剣に学会発表に臨んだかがひしひしと感じられました。

大学院生の小松先生は私と一緒に診療に当たった右卵巣静脈血栓症の症例報告を詳細な文献的考察を加えて発表してくれました。忙しいなか、発表だけのために文字通りトンボ返りで大分まできてくれた小松先生、本当にありがたかったです。

外科からは本田先生が保存的に治療した消化管穿孔59例に関する貴重な発表されました。島田教授が演者をされた教育講演「腹部救急画像~見逃してはいけない所見」はとてもわかりやすく実践的で、会場は多くの立ち見が出るほどの大好評でした。

私はシンポジウムで、大学病院で総合診療医が臨床・教育・研究の3つの観点からどうすれば輝けるのか、お話をさせていただいたのですが、自分たちの発表を終えた研修医達が聞きにきてくれたことが嬉しかったです。私達、総合診療科の医局員がいかに若手医師への教育を大切に思っているのか、少しでも彼らに感じ取ってもらえたらと思いました。

学会で頭を使った後は、全力を尽くしてくれた研修医達とともに別府の珍味を堪能しました。いつも以上に酒が進んだのは、関アジ、関サバ、フグ刺し等の絶品料理のおかげというだけではなく、これだけ多くの研修医の先生が頑張ってくれたことが嬉しかったこともあるのではないかと思います。瓜田教授がこれほど嬉しそうに夜遅くまで飲みに付き合ってくれたのは初めてではないかと思います。

参加して下さった皆様、ありがとうございました。この成果をただの「思い出」ではなく、症例報告・論文として残せるように研修医とともに、もう一踏ん張りしたいと思います。

大会長の宮崎先生をはじめ学会を開催して下さった皆様、そして私達の学会参加中に診療業務にご尽力いただいた医局員の皆様に感謝申し上げます。

百例近くに及ぶ失神症例の分析を発表した山本先生と指導医の石井先生

発表準備に余念がない長山先生。あまりの真剣ぶりについ横顔をパシャリ

必死で準備して発表に臨んでくれた長山先生。いい笑顔です!

他の研修医もみんな必死です!一人だけカメラ目線ですが・・・

見事、育成賞を受賞した古川先生、おめでとう!

万難を排して会場に辿り着き(笑)、発表してくれた森須先生と指導医の石井先生

小松先生、いつもながらクレバーな発表でした。とんぼ返りお疲れ様!

岡田先生も堂々とした発表でした!

東邦大学を代表してDr.Gを戦い抜いた戦士、佐藤先生と佐野先生です!

みんな必死です!

副島先生、会長賞演題を見事に発表してくれましたね!

指導して下さった中嶋教授へ嬉しい報告をしてくれた受賞者の二人です!

石井先生と森須先生の誕生日祝いもできました!おめでとうございます!

教授行きつけ?のスナックで反省会

反省中。。。

反省してます?

神山先生、行き先が・・・お疲れ様でした!

————————————————————————————————————————————————————————————————————

4月17日に入学したての医学部一年生に米国医師国家試験であるUSMLEを紹介する講義をさせていただきました!

4月17日に入学したての医学部一年生に米国医師国家試験であるUSMLEを紹介する講義をさせていただきました!

私自身の経験を通して、米国への留学を考える学生さんだけでなくても、医学生のうちに是非USMLEを勉強して、それを通して様々な出会いや経験をして欲しいというメッセージを伝えさせていただきました。
医師にとっての英語と勉強の大切さ、相対的に物事を考える力についても私の考えを伝えさせていただきました。
私自身は米国への留学の夢は実現できませんでしたが、USMLE Step1取得の為の努力の日々があったおかげで現在の自分があるのだと、講義資料を作成していて、つくづく実感しました。
研修医の先生が執筆した英語の症例報告(https://onlinelibrary.wiley.com/doi/pdf/10.1002/jgf2.53)も紹介させていただき、先入観に囚われて自ら能力の限界を設定するのではなく、様々なことに挑戦して欲しいという気持ちも伝えさてもらいました。

他のUSMLE取得者の講義も大変面白くて刺激的で、とても貴重な時間を過ごさせていただくことができました。
何より若くて希望に溢れる学生さんと触れ合うことができて嬉しかったです。

講義の機会を与えて下さった栃木先生、田中先生、吉澤先生をはじめ、皆様に感謝致します。熱心に講義を聴いてくれた学生の皆さんもありがとう!

ハワイ大学留学時にトレーニングを受けたTokeshi dojoを紹介している様子です。
皆さん、熱心に聴講してくれました!

————————————————————————————————————————————————————————————————————

第91回日本超音波医学会総会で小松史哉先生が甲状腺疾患の新たな解析方法を発表しました

2018年6月8日(金)に神戸ポートピアホテルで開催された第91回日本超音波医学会総会において、小松史哉先生が「フラクタル次元を用いた甲状腺超音波像の定量的数理解析」を口演で発表しました。

甲状腺疾患診断ガイドライン2013において、甲状腺疾患はバセドウ病、慢性甲状腺炎(橋本病)、無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎に分類して診断ガイドラインが示されています。甲状腺超音波像はそれぞれの病態を反映しているはずですが、 病期によって異なり、その比較は困難です。甲状腺超音波像を定量的に解析するため、フラクタル次元を算出し、甲状腺疾患の特徴を数学的に検討して報告しました。

 

2次元画像内部の複雑さを反映するフラクタル次元は甲状腺疾患すべてで低下し、腺腫を合併するとさらに低下していることを明らかにしてくれました。次元の低下は甲状腺組織破壊の程度、ダメージを反映しているものと思われます。

今後の他臓器への発展が楽しみです。

総合診療科には、医学部を再受験した先生が2名います。そのキャリアを生かし、新たな超音波画像解析法を確立してくれました。新たな研究グループ「小松・貴島チーム」の誕生です。このチームから、数多くの論文が生まれるものと思います。ぜひ期待していてください。

 

                     文責 瓜田純久

————————————————————————————————————————————————————————————————————

 

 

 

 

レジナビフェア2018に参戦しました。

6月17日(日)に東京ビックサイトで開  催されたレジナビフェア2018に初めて出展しました。竹下智史先生、河越尚幸先生が参加してくれました。

13:00-17:00の参加時間に、15名のレジデントが訪問してくれました。

隣のブースに新潟長岡赤十字病院が出展しており、鈴木健志先生を受け入れていただいていこともあり、ご挨拶する貴重な機会となりました。

これまでの臨床活動だけではなく、英語論文の要約をポスターで掲示しました。いろんな領域で研究してきたことを改めて実感でき、大学病院総合診療科としての研究活動として、決して少なくないと、胸を張って参加できました。

遅れての参加でしたが、事務局の好意で注目施設に入れていただきました。用意したチラシと名刺は、すべてなくなっていました。持って行ってくれたレジデントの先生、連絡を待ってます。

本学から、3病院だけではなく、整形外科学講座も出展していました。派手な勧誘が多く戸惑いましたが、竹下先生、河越先生が頑張って声をかけてくれました。一時は3名の説明席が満席になり、待機するレジデントもみられました。日曜日の貴重な時間、協力してくれて、ありがとうございました。来年もみんなで参加しましょう。事務局の方々、大変お世話になり、ありがとうございました。来年もよろしくお願い申し上げます。

 

文責 瓜田純久

—————————————————————————————————————————————————————————————————————-

第24回日本ヘリコバクター学会で竹下智史先生、小松史哉先生、石井孝政先生が興味深い発表をしました。

6月30日に大分で開催された第24回日本ヘリコバクター学会で竹下智史先生、小松史哉先生、石井孝政先生が興味深い発表をしました。

竹下先生は「胃壁細胞抗体測定例の臨床的背景と Helicobacter pylori 感染の検討 」と発表しました。川崎医大の春間教授から絶賛され、胃壁細胞抗体測定例がこれほど多い診療科はないので、ぜひ内視鏡所見を追加検討するようにご指導を受けました。H.pylori感染例に壁細胞抗体陽性例があることは知られています。面白いことに、壁細胞抗体陽性例でもH.pylori感染者はビタミンB12欠乏の症状が少ないことが明らかとなりました。これについては、来年また報告します。

小松史哉先生は「フラクタル解析による早期胃癌内視鏡像の検討」を報告しました。フラクタル解析は小松先生が進めてくれている研究手法です。今回は胃がんのフラクタル次元は大腸ガンほど明瞭に低下していないことを示しました。司会が信州大学病理の太田教授であったため、大変興味を示してくださいました。フロアから、自動診断につながる研究であり、バーチャルリアリティ学会でも発表するように勧めていただきました。

石井孝政先生は、「Helicobacter pylori 感染における好中球・リンパ球比の検討 」を報告しました。昨年、渡辺先生が除菌後にNLRが低下することを報告して、会場の度肝を抜きました。今回は萎縮の程度と関連するか検討しました。残念ながらnegative dataとなりましたが、来年にむけて石井先生はすでにテーマを決めたようです。来年が楽しみです。

発表前はふぐ屋さんでエネルギーを補充しました。

75年の歴史を誇る料理はとても美味しく、老舗にふさわしい満足度でした。

それでも、大分のよるは長く、小松先生とみつけていた屋台街で二次会を始めてしまいました。

引き戸越しに見えたハエトリ紙に惹かれて、ふらふらと屋台街の最深部の店に入りました。

常連さんと仲良くなり、明日の発表を忘れ、ハエトリ紙のショウジョウバエを見ながら、夜中まで飲んでしまいました。

無事発表を終えた3名は、

瓜田を見送りに大分駅まで送ってくれました。すると、駅前にサッポロビールが臨時の立ち飲みコーナーを設置していました。酒の呑めない小松先生が、嬉しそうに注文に行ってくれました。

おつまみはピーナッツだけですが、みなで13杯ほど飲みました。おかわりは竹下先生が積極的に活躍してくれました。

こうして、16:00前から始まった駅前の酒盛りは、瓜田の空港行きバスが来るまで続きました。いやあ、美味しいビールでした。飲んでるうちに小雨も止み、陽が差してきました。翌日はH.pylori感染症認定医試験です。3名は合格できたでしょうか?(汗)

 

文責 瓜田純久

—————————————————————————————————————————————————–

治療薬の変更が奏功したB型肝炎関連膜性腎症の症例報告が掲載されました

当科で仕事をするようになってからは腎臓内科としての仕事は少なくなってしまいましたが、客員教授の永井先生に大変丁寧にご指導いただき、久しぶりに腎臓領域での症例報告を発表することができました。

腎症状の再燃がB型肝炎治療薬の変更により改善したB型肝炎関連膜性腎症について検討した症例報告です。長期間に渡って丁寧に患者さんを診療してきたベテラン医師ならではの貴重な症例について症例報告の執筆を通じて勉強させていただき、感謝しております。

http://www.nephropathol.com/PDF/jnp-7-93.pdf

 

文責:佐々木

——————————————————————————————————————————————————

Dr. Joel Branchをお招きしてCase conferenceを開催致します!

8月21日に湘南鎌倉総合病院臨床教育部長のJoel Branch先生をお招きして英語での症例検討会を開催致します!(私ができる限り日本語で同時通訳致します。)

外国人講師を招いての症例検討会は当科では初めての試みであり、緊張しますが、きっと素晴らしいカンファレンスになると思います。

当院研修医・本学学生を対象とした院内勉強会ですが、他院の研修医の先生でご興味のある方は大歓迎です!参加をご希望の際には当科までご連絡ください。

総合診療科Presents!!

Dr.ブランチのケースカンファレンス(同時通訳つき)

8月21日(火) 18:00-

5B3講義室

 

文責:佐々木

——————————————————————————————————————————————————

8月23日に医局説明会を開催致します!!

8月23日に平成31年度の当科の医局説明会を開催致します!ご興味のある研修医・レジデントの先生方はぜひ医局までお問い合わせください!

(担当:佐々木、柏木)

文責:佐々木

 

 

 

——————————————————————————————————————————————————

JCHO湯河原病院に表敬訪問をしてきました。

7月20日(金)に東邦大学の教育連携病院であるJCHO湯河原病院に表敬訪問をしてきました。早朝の会議を終えて、品川駅から新幹線で熱海まで行き、そこから湯河原駅まで一駅です。

JCHO湯河原病院は横室浩樹先生が指導医として出向してくれています。昨年までは日毛先生、河越先生、渡辺先生、貴島先生と多くの医局員がお世話になりました。駅には事務部長が迎えにきてくれており、その後、湯河原病院を一望できるポイントに案内していただきました。

高台にある湯河原病院は、温泉地ならではの慢性疼痛治療の歴史があり、整形外科が中心の病院です。高齢者が多い為、並存する疾患は総合診療科が診療を担当させていただいています。

湯河原病院の後方の高台から見える駿河湾です。緑が海岸に迫り、生命力と豊かさを感じさせる風景です。

湯河原病院は2020年湯河原駅の近くに転居します。

 

内科専門医制度、総合診療専門医制度ともローテートを推奨しています。大学病院のような特定機能病院やブランド病院での研修は、据え膳上げ膳になってしまいます。しかし、大多数の患者さんは、湯河原病院のように地域に根ざした歴史をもつ病院、診療所に通院しています。高齢化が進行する日本において、弱者に寄り添うことを重視するJCHOグループは、貴重な研修病院といえます。医師にとって、多様性を甘受するマインドを再認識する貴重な病院と考えています。同様に学び方は一様ではありません。患者さんの話をよく聴き、じっくり文献を読み込み、自分の思考回路を点検しながら前進する時間はとても貴重で、代え難いものです。

本学は卒業生のほとんどが開業医となってきた歴史があります。多くのことを患者さん、そして赴任した病院から教えていただき、そして学ぶほど謙虚になる校風を大事にしています。

高取院長、遠藤事務部長、今後ともご指導いただきたく、お願い申し上げます。

 

文責 瓜田純久

——————————————————————————————————————————————————

 

 

 

8月29日に九鬼先生をお招きしてClinical Pearlsに関する講演会があります

8月29日にぜひ東邦の学生・医者に知ってもらいたいClinical Pearlsについて、多摩総合医療センターの九鬼隆家先生にご講演いただけることになりました。私が以前に拝聴して大変感銘を受け、是非東邦大学でも!とお願いした講演が実現することになり、とても期待しております。

基本的に学内の学生・研修医・レジデント向けのClosedな会ですが、学外でもご興味のある研修医・学生さんがいらしたら是非ご参加いただきたいので、ご連絡ください。

ONRCというエキサイティングな勉強会で東軍として戦い、勝利した時の写真です。左から2番目が九鬼先生で一番右が私です。

 

文責:佐々木

—————————————————————————————————————-

8月25日にテレビ番組に出演致します。

先日、こむらがえりに関するNHK Eテレの番組のスタジオ収録に参加させていただきました。初めての経験でとても緊張しましたが、とても貴重な経験をさせていただきました。

 

実際には心配のない症状を大げさに表現されたり、科学的正確性に欠ける内容で視聴者の皆さんをいたずらに不安に陥れる報道内容も少なくないと感じることもあり、テレビや新聞の取材では

  • 「わかりやすさ」と「正確さ」
  • 「世間で正しいと思われていること」と「科学的根拠の乏しさ」

との乖離をどのように取り扱い、「わかりやすくて(ある程度は)正しい」内容をバランスよくお届けするにはどうしたらいいかを考える必要があると考えております。

「わかりやすく伝えたい、受け手が知りたいことを伝えたい」というジャーナリストの職業的良心と「自分が責任を持てる正しいことを伝えたい」という医師の職業的良心には、どちらも良心であり公的責任感でありながら、違いがあり、相互理解が必要なのではないかと思います。

今回はディレクター始めスタッフの方と何度も議論や打ち合わせを重ねて番組の収録に至りました。ディレクターさんには細かくて小難しいことを何度もお願いして、直前までとても面倒をおかけしましたが、最後まで御丁寧に真摯にご対応いただき、お陰様で質の高い情報提供ができることになったのではないかと自負しております。

私の出演シーンはほとんどカットされているかもしれませんが(笑)、お時間がありましたら是非ご覧ください。

文責:佐々木

 

http://www4.nhk.or.jp/kenko-choice/x/2018-08-25/31/66090/1722204/

—————————————————————————————————————-

8月21日Dr. Joel Branch勉強会、大成功でした!

8月21日にDr. Joel Branchをご招待して症例検討会を行いました。

 

初めての試みでしたが、まさに「考え方を学ぶ」素晴らしいカンファレンスでした。

検査結果が出てから考えるのではなく、1枚目の主訴のスライドの段階から鑑別診断を考える姿勢の大切さをお話されており、実際に彼の臨床推論・思考過程に触れ、聴衆一同その重要性を実感致しました。

試験直前で平日の開催にも関わらず多くの研修医と学生さん(なんと2年生の参加者も!)に参加していただき、聴衆を巻き込んで自ら考えさせるDr. Branchの洗練されたスタイルに好奇心旺盛な学生・若手医師が応えてくれたおかげで、英語・日本語を問わず積極的に議論が行われ、期待を大きく上回る素晴らしい勉強会でした。

すばらしい英語パワーポイントを作成して、流暢な英語ですばらしいプレゼンテーションを行ってくれた研修医の天笠先生も大活躍でした。ありがとうございました!

 

近いうちに次回の勉強会を開催したいと思いますので、興味のある学生さん、若手医師の皆様の次回の参加をお待ちしております!

文責:佐々木 陽典

————————————————————————————————————————————————————–

総合診療科納涼会が開催されました。

8月23日(木)に蒲田のSALVATOREで東邦大学大森病院総合診療科の納涼会が開かれました。内科、外科、救命の先生やいつもお世話になっている看護師さんなどコメディカルの方に加えて研修医の先生も出席いただきました。総勢60名を越える大きな会となりました。

今回は7月より病院長になられた瓜田先生の就任記念のお祝いもありました。ユニフォームと花束のプレゼントを贈呈させていただきました。

瓜田先生からはユニフォームにもある断らない医療についてお言葉をいただき、質の高い医療を提供する士気が高まりました。

楽しいひとときを皆さん思い思いに過ごして、とても充実した会となりました

 

 

文責:竹下

————————————————————————————————————————————————————–

クリニカル・パールに関する九鬼先生の素晴らしい講演会でした!

8月29日に多摩総合医療センターの九鬼隆家先生をお招きして「救急外来で役立つClinical Pearl」というタイトルで、研修医の先生方にとても役立つ講演を行っていただきました。(Clinical pearlとは経験豊富な臨床医から得られる格言のようなものです。)

明日から役立つ実践的な内容だけでなく、笑いも交えつつ、医師としての姿勢や考え方に関する重要お話やご自身の経験についてもお話くださり、研修医の先生方も熱心に聞き入っていました。

九鬼先生が最後に示したPearl「医者にとって大事な3つのAは、重要な順に1. Availabilityすぐ相談に応じてくれる/診に来てくれる、2. Affability愛想がいい、3. Ability能力が高い、である。」は私もとても好きな言葉の一つですが、頭脳明晰で経験・知識とも一流である九鬼先生が、最後にこのPearlで講演を締めくくってくださったことに、瓜田院長も感銘を受けておりました。

懇親会でも遅くまで研修医の疑問や悩みに応えて熱心にアドバイスをしてくださり、九鬼先生の素晴らしい人柄を実感致しました。期待を大きく上回る素晴らしい時間を過ごせました。

是非ともまた講演をお願いしたいと思います。

文責:佐々木

————————————————————————————————————————————————————–

 

第17回日本病院総合診療医学会に参加してまいりました!

9月15日・16日に岐阜大学主催で岐阜・じゅうろくプラザで開催された第17回日本病院総合診療医学会学術総会に参加して参りました。

今回は研修医1年目からは野口先生、研修医2年目からは佐藤先生、塚原先生、米山先生の3名、そして当院腎センターレジデントの山田先生にも発表していただきました。当科からは石井先生が学会長候補演題を発表致しました。

塚原麻希子先生は指導医である私の不在にもかかわらず「低循環容量性ショックと急性腎不全で救急搬送され保存的治療で治療しえた上腸間膜動脈症候群の一例」を発表し、見事に育成賞を受賞されました!

野口先生は研修医1年目にもかかわらず、指導医不在で題名ポスターが紛失するというハプニングをも乗り越え、「乳癌切除術直後にリウマチ性多発筋痛症(Polymyalgia rheumatica: PMR)を発症した一例」について素晴らしい発表を行いました。他大学の新進気鋭の教授から、「野口先生の発表は素晴らしかった!」とお褒めの言葉をいただき、感激いたしました。

石井先生も「抗血栓療法が大腸憩室出血の臨床経過に及ぼす影響」について発表され、見事に大会長賞を受賞されました!

ついでに私は学会の最後のプログラムとして行われた「画像クイズ」で同率1位に輝き(笑)、素晴らしい賞品をいただきました。研修医にはかっこいい姿を見せられたのか、大人気ないおじさんと思われたのか、気になるところです…

今回の学会は若手部会が初めての試みとしてラーニングバー「総合診療医が活躍する場を創るには? ~ 飲みながらリーダー達に学ぶ夜 ~」を開催したという点でも重要な学会だったと思います。私も参加させていただき、刺激的な素晴らしい時間を過ごさせていただきました。

夜は遅くまで岐阜のグルメを堪能いたしました。参加してくださった研修医・レジデントの皆様、ありがとうございました!そして素敵な写真をたくさん撮ってくれてありがとう!今回も私は撮り忘れました^^;

 

次回は2月に沖縄で開催です!開催地は沖縄科学技術大学院大学(OIST)です。以前に私がHarvard Medical School Introduction to Clinical Research Training Japan 2018を受講した場所でもあり、最高のロケーションです!

レジデント・大学院生の先生も含めて大勢で参加したいと思います。

まさにベストショット!受賞直後の塚原先生です。

山田先生は見事に口演を行い、研修医の先生のお手本となってくれました!

他大学の教授に褒められる発表をしてくれた野口先生。

発表を聞きに駆けつけてくださったお父様と。いいデビュー戦になりましたね!

キーパッド13番が私です。山田先生、撮影ありがとう!

とってもいい写真ですね!私はいませんが…

その頃、私はラーニングバーに参加しておりました!

研修医のみなさんと山田先生。うーん、フレッシュ!

石井先生も学会長賞の受賞おめでとうございました!

みなさん、いい笑顔ですね!

 

文責:佐々木

—————————————————————————————————————————————-

第10回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会において、佐々木陽典先生が不整脈と胃運動の関連について発表しました。

9月29日(土)横浜で開催された第10回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会において、佐々木陽典先生が「カテーテルアブレーション後に
増悪した機能性消化管障害の2例」と題して、不整脈と胃運動の関連について発表し、注目を浴びました。

ホイヘンスの振り子時計のように、単振動をする物体が近くに存在する場合、互いに干渉し、同期することが知られています。不整脈とくに心房細動の症例においては、脳塞栓がもっとも注意しなければならない合併症ですが、アブレーション後に胃不全麻痺の合併症も散見されます。佐々木先生はアブレーション後に増悪した機能性消化管障害の症例を報告しました。会場では活発な議論が行われ、消化管運動と不整脈の関連で盛り上がりました。

佐々木先生は評議員に推薦され、懇親会で会長の稲森教授(横浜市大)の指名で、挨拶をすることになりました。

財裕明先生も一般演題の座長を務め、活発な議論をコーディネートしていました。瓜田純久も「消化管ガス増加で来院し呼気試験を行った210例の検討」を報告しました。膨満感を主訴に来院される過敏性腸症候群の患者さんは、消化管運動、腸内細菌ともに正常な方が、40%を占めることを報告しました。過敏性腸症候群の病態の複雑さを示唆する結果でした。

器質的異常がなければ、「メンタル」として、十把一絡げで対応される傾向があり、研修医の頃からとても違和感を抱いておりました。メンタルとしても、なぜ腹部症状なのか?なぜ今発症したのか?素朴な疑問に対して答えを用意しなければなりません。議論は懇親会でさらに白熱してきました。

中村光夫理事長をはじめ金松教授(創価大学)、松浦教授(慈恵医大)、下内教授(中部大学)など、多くの先生が最後まで参加してくれました。

来年は弘前大学糖尿病・内分泌内科の柳町幸講師が会長を務めます。会場は東邦大学臨床講堂で行う予定です。来年は大学院生の鈴木健志先生が佐々木先生の指導で、皮膚ガス研究を発表します。来年も皆様とお会いできることを楽しみにしております。

事務局の佐藤さん、留守を守ってくれた医局の先生方、ありがとうございました。

 

       文責 瓜田純久

————————————————————————————————————————————————————

土曜の朝の勉強会について

第1,2,4土曜日7:30から医局で行っている朝の勉強会の近況報告です。

2年前から始まった当勉強会では

  • 「内科救急診療指針2016」の輪読会
  • 「判読ER心電図Ⅰ基本編 実際の症例で鍛える」を用いた心電図クイズ

に引き続いて

「外来診療ドリル 診断&マネジメント能力を鍛える200問」を皆で解いてきました。

今年は研修医の先生の参加者も増え、嬉しい限りでした。

 

そしてとうとう先日…最後の症例を解き終え、「外来診療ドリル 診断&マネジメント能力を鍛える200問」を読了しました!

先々週からはついに京都GIM監修の「診断力強化トレーニング What’s your diagnosis?」に挑戦しています!

 

さらに嬉しいことに、数日前には大学3年生の学生さんから勉強会の問い合わせをいただきました!学生さんには難しい内容かもしれませんが、僕らの臨床推論の過程や勉強会の雰囲気を感じてやる気の源にしてくれたら嬉しい限りです。

 

ぜひ皆様、奮ってご参加ください!(私の寝坊は気にしないでください…)

 

  • 石井先生や私の都合(JMECC,ICLSのインストラクター)で不定期の休みが多いので、ご興味のある方は事前に医局までお問い合わせいただけると幸いです。

記念すべき100症例制覇の瞬間に立ち会っていたのは4人だけでした…

早朝から大変ですが、皆さんの参加を心待ちにしています。

 

文責:佐々木

——————————————————————————————————————-

10月12日にTokyo GIM conference 72で症例提示をさせていただきました。

10月12日にTokyo GIM conference 72で症例提示をさせていただきました。

世話人の先生から下記の通り、大変ありがたいお褒めのコメントをいただきましたのでシェアさせていただきます。

大学病院での仕事では自信を砕かれることも多く、無力感に苛まれておりましたので、このようなコメントをいただき、とても励まされました。

 

今回は研修医の先生と医局の上司も参加して議論を盛り上げてくれたこともとても嬉しかったです! 研修医の先生も楽しんでくれたようで、それが一番の収穫だったかもしれません。

 

今後も是非仲間とともに参加して、機会があれば症例提示させていただき、参加されている先生方の素晴らしい知識・経験・情熱を分けていただきたいと思います。学内でご興味のある方や興味深い症例を経験された方は是非お声かけ下さい。

 

文責:佐々木

——————————————————————————————————————-

 

10月6日に第8回東邦JMECCを開催致しました。

今回は18名の受講生を迎え、いつもお世話になっている藤沢市民病院の西川先生にディレクターとしてご指導いただき、更に佐倉病院の美甘先生に第3ブース長をお務めいただいて3ブースで開催させていただきました。

 

新しく生まれ変わったシミュレーションラボで初めての開催であり、綺麗で広い会場に感動し、指導にも熱が入りました。

 

JMECCの取得は新内科専門医取得の必須条件であり、自施設での開催も重要ですが、大森病院のインストラクターは院長と石井先生、私の3名のみで、他科からの参加者がおらず、人手不足が続いています。今回は公務で欠席となった瓜田院長の穴を埋めるべく、他院に出向中の当科の若手がアシスタント・インストラクターとして参加してくれました。これでなんとか東邦JMECCを引き継いでいけるのではないかと安堵しました。

 

JMECCのインストラクションは時間管理が重要であり、まだまだ未熟ですが、後輩達と楽しい運営を続けられるようにディレクター取得に向けて引き続き研鑽を積みたいと感じました。

 

ご参加くださったインストラクター、アシスタント・インストラクター、受講生の皆様、そして並木先生、平田さんを始めとした運営事務局の皆様に感謝申し上げます。

 

 

ランチョンセミナーでは新しく生まれ変わった第1セミナー室でシミュレーション教育について並木先生にご講演いただきました。

画像教材に見入っている受講生の皆さん。

 

文責:佐々木

——————————————————————————————————————-