何でも診たい

治したいを実現

総合診療科

NEWS ニュース

2024/02/07
大学病院総合診療科と健診受診者の慢性腎臓病の有病率の比較に関する論文が掲載されました。
日本の総合診療科は過度の専門分化への反省に基づいて、独特の発展を遂げてきた新しい領域であり、どのような患者を診療しているのか等も十分に知られていません。慢性腎臓病は血液透析だけでなく脳卒中や心筋梗塞等の原因でもある生活習 […]
2024/01/16
繁田先生が学生のモチベーションを高めるために企画された新たな講義を実施します。
 4月10日(水)13:00から繁田先生が「卒業生からのメッセージ」と題し、学生のモチベーションを高めるために企画された新たな講義を実施します。これまですでに多くの講義を行なってきた繁田先生ですが、フリートークもあり、こ […]
2023/12/25
医学生・若手医師の皆さんへ
 東邦大学は令和4年から千葉大学と共同でポストコロナ時代の医療人材養成拠点形成事業として地域志向型医療人材養成プログラム(c-come:https://www.m.chiba-u.ac.jp/dept/c-come/)を […]
2023/12/17
母の時代
本学は帝国女子医専として1925年に誕生し、まもなく百周年を迎えます。学祖額田豊先生は医育を大学教育だけに統一すると、気位ばかり高い医師が誕生し、農村・漁村・山間部では医師が不足する結果になると論じたと、「医学教育の歴史 […]
2023/11/25
第87回高田塾で講演させていただきました。
11月9日(木)に日本プレスセンターの9階の日本記者クラブ会場で日本テレビの報道局解説委員の高田和男塾長が中心となって様々な時事問題を議論する『高田塾』で講演する機会をいただきました。 6月の日本医療マネージメント学会で […]

ABOUT 総合診療科を知る

目指す医師像

詳細を見る

インタビュー

詳細を見る

MESSAGE

教授、指導医からの

メッセージ

「初めから断るつもりで 医者になろうなんて人はいないはずだよ」
メッセージを見る

EVENT 説明会/イベント

2024/02/07
大学病院総合診療科と健診受診者の慢性腎臓病の有病率の比較に関する論文が掲載されました。
日本の総合診療科は過度の専門分化への反省に基づいて、独特の発展を遂げてきた新しい領域であり、どのような患者を診療しているのか等も十分に知られていません。慢性腎臓病は血液透析だけでなく脳卒中や心筋梗塞等の原因でもある生活習慣病です。 そこで、当科で診療している患者さんと城南地区で健康診断(特定健診)を受けた方々で、どのような違いがあるのかについて、厚生労働省が提供しているデータを活用して研究した論文がJournal of Hospital General Medicineに掲載されました(http://hgm-japan.com/english/jhgm2024-6-1/ )。 本研究の結果、当科を受診している患者さんにおける慢性腎臓病の有病率(15.2%)は城南地区健診受診者は有病率(10.6%)の1.4倍であり、腎臓専門医が診している患者さんでの有病率(20.6%)と地域住民集団における有病率(4.2-16.2%)の中間に位置することが明らかになりました。 この結果から、大学病院総合診療科における慢性腎臓病の有病率は城南地区健診受診者の1.4倍であり、腎臓専門医が関与する前の患者集団を反映している可能性が考えられました。  今後も総合診療科がどのように日本の医療に貢献しているかを客観的に示す研究を継続してゆきたいと考えております。執筆に際してご指導・ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。 近日中にJ-STAGEで全文が閲覧可能になる予定です。 上に示すように大学病院総合診療科(UGHMD,左)を受診する患者さんは健診受診患者さんよりも高齢者が多いことも示されました。 文責:佐々木 陽典 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
詳しく見る
2024/01/16
繁田先生が学生のモチベーションを高めるために企画された新たな講義を実施します。
 4月10日(水)13:00から繁田先生が「卒業生からのメッセージ」と題し、学生のモチベーションを高めるために企画された新たな講義を実施します。これまですでに多くの講義を行なってきた繁田先生ですが、フリートークもあり、これまでと違った内容になると思います。ぜひ参加を!                        文責 瓜田純久 ————————————————————————
詳しく見る
2023/12/25
医学生・若手医師の皆さんへ
 東邦大学は令和4年から千葉大学と共同でポストコロナ時代の医療人材養成拠点形成事業として地域志向型医療人材養成プログラム(c-come:https://www.m.chiba-u.ac.jp/dept/c-come/)を行っております。  その事業の一部として、様々なオンデマンド動画コンテンツを作成して順次公開しております。 https://www.m.chiba-u.ac.jp/dept/c-come/ondemand/  症候学、診断学(診断推論・診断エラー)、問診や診察などの基本的技能から様々な症候(しびれ、めまい、腰痛、せん妄等)、疾患(肺炎、COPD等)に関する10分以内のコンパクトでわかりやすい動画が揃っております。学年・経験年数に応じてレベル分けされておりますので、ご興味に応じてぜひご活用ください! 文責:佐々木 陽典 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
詳しく見る
2023/12/17
母の時代
本学は帝国女子医専として1925年に誕生し、まもなく百周年を迎えます。学祖額田豊先生は医育を大学教育だけに統一すると、気位ばかり高い医師が誕生し、農村・漁村・山間部では医師が不足する結果になると論じたと、「医学教育の歴史」(坂井建雄 編:法政大学出版局)に記載されています。日本の文化・歴史は儒教に大きく影響を受けていますが、儒教の規範的なモデルは家族・親族であり、とりわけ父への義務は重視されています。すなわち父系制が優先されていましたが、母系制の名残を探すことができます。宗族の同一性の中核となる「姓」という文字には「女」へんに「生」であり、母系制の痕跡が示唆されます。太古の時代には「母の時代」があったのかもしれません。 父の権威は祖先の血統に基づいており、父の最期を見送る気持ちは、まさに「父が帰る」のを見送る場面が重なります。一方、母は身体的接触が多かったことから、母の権威は直接性に基づくと思われ、見送る時の喪失感は父と異なることは否めません。最も近い存在から時空の彼方の「母の時代」へと向かっているのかもしれません。仏壇に毎日ごはんを供えて読経し、写経を日課とした92歳の母でしたが、11月27日に見送ることとなりました。33歳から青森で瓜田医院を開業していた小医が47歳で大学に戻る決心をしたある夜、意を決して母の部屋を訪れました。畳に手をついて「大学に戻りたい」と言って頭を下げたとき、「最期の時にいろいろ大変だったけど楽しかったなあ、と思える選択をすればいい」と背を向けながら言ってくれました。母の小さな背中に手を合わせて部屋を出たことが、昨日のように思い出されます。定年後、またともに暮らすことを楽しみにしていましたが、それは叶わぬ夢となりました。 文字に書いてあることを忠実に実施すればよいという風潮は医療現場でもしばしば見られ、「手段の目的化」として、考えない医療の代表ともいえます。「文字の背後にあること、文字にできないことを汲み取る」のは芸術や伝統文化では至極当然の姿勢ですが、医学では受け入れられない場面に遭遇します。痛み、病気、死も客体化しようとする考えが自然科学的な装いを凝らして現れることがある高度先進医療においては、自然科学による解釈に独占された状況と言えるのかもしれません。生命現象はロゴス(理性)で取り出すことができない場合も少なくないと感じておられる先生は意外に多いように思えます。文字に表すことができないピュシス(自然)を受け入れて対応することを忘れることがないようにと、母の書いた写経に囲まれた瓜田家の壁を眺めながら、母の「眼差し」を感じております。母の最後の写経(般若心経・訳)を紹介させていただきます。 花が咲くように 雪が舞うように 月が照るように あなたといたい 鳥が飛ぶように 風が吹くように 海が歌うように あなたといたい 広い宇宙の中で 長い時間の中で あなたと出会えたこと きっときっと宝物 星があるように 山があるように 空があるように あなたといたい 母の診療を担当していただいた小松史哉先生、繁田知之先生、そして研修医の増田陽夏先生、武藤杏奈先生、誠にありがとうございました。また、最後まで温かい看護を提供していただいた病棟スタッフにも、この場を借りて御礼申し上げます。     文責 瓜田純久 ————————————————————————
詳しく見る
2023/11/25
第87回高田塾で講演させていただきました。
11月9日(木)に日本プレスセンターの9階の日本記者クラブ会場で日本テレビの報道局解説委員の高田和男塾長が中心となって様々な時事問題を議論する『高田塾』で講演する機会をいただきました。 6月の日本医療マネージメント学会での教育講演終了後、会場にいらした高田塾長から、「高田塾」での講演を依頼されました。多くの国会議員の方々も数多く講演してきた伝統ある高田塾です。理事長先生のお力で大学から30名以上の関係者が参加してくださいました。 医師人生に大きく関わった文献を紹介しながら、研究の流れを紹介させていただきました。 分業が進む現代の医学ですが、臨床医の本当の役割についてもお話させていただきました。 非侵襲的な呼気試験と出会ったがことが開業医時代の研究を支えてくれました。 動物実験は大学復帰の大きなモチベーションとなりました。学生時代からお世話になった今井常彦先生にご指導いただき、多数の実験を進めることができました。 大学復帰のもう一つのモチベーションとなったのは、教育でした。複雑系科学は開業医時代に出会った本から芋つる式に読み進めた文献をもとに、医学知識がなくても病態を簡単な数式や演算で説明する方法をまとめていました。その内容を学生に伝えるには、大学に復帰しなくては叶いませんでした。この内容は「数理の翼」の分科会で講演する機会もいただきました。 働き方改革ではデジタル化すれば仕事が少なくなるように喧伝されていますが、実は逆に仕事が増えている現状についても説明させていただきました。 最後に臨床哲学と臨床医学の接点について述べて、終了となりました。医学の講演と異なり、完全に「独学の世界」であった臨床哲学、複雑系科学の講演はとても緊張しました。それでも講演が始まると、これまで話したくても話す機会のなかった内容でしたので、只々高田塾長に感謝しながら、思いの丈を吐き出す講演となりました。  参加いただいた皆様、遅い時間までお付き合い頂き、誠にありがとうございました。                       文責 瓜田純久 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
詳しく見る

JOIN US 入局希望の方へ

まずは医局の様子を見に来てみませんか?

お気軽に、ご連絡下さい

問い合わせフォーム