NEWS ニュース

繁田先生の論文解説がJHN Journal clubに掲載されました。

日本全国の研修病院の実臨床現場で活躍している総合内科医により運営されているJHospitalist Networkが運営しているJournal Clubというサイトがあります。

学術論文の結果が「自分の患者さんにいかに活用できるか?」という観点から、エビデンスに基づいて科学的・批判的に吟味して、共有するサイトであり、インターネットから無料ですぐにアクセスできるので、以前から活用させていただいておりました。

この度、このサイトへの投稿に参加させていただける貴重な機会をいただき、2020年度から当科も参加させていただくことになりました。

今回、レジデントの繁田先生が、自分自身が担当する患者さんへの治療上の疑問を解決するために「非弁膜症性心房細動を有する高齢患者への 抗凝固薬投与の安全性について」というテーマで論文の内容を解説してくれました。

http://hospi.sakura.ne.jp/wp/wp-content/themes/generalist/img/medical/jc_20210307_tohodai.pdf

繁田先生曰く

「日頃、ここまで厳密に科学的・批判的に論文を精読して吟味することはなかったので、とても新鮮で勉強になった。」

とのことで、貴重な経験となったようです。

私も監修を通して、「何人の患者に投与すると1人の患者に効果が出るのか?」を実際に計算する等、楽しい経験ができました。

他にも素晴らしい論文解説が掲載されておりますので、ご興味のある方はご覧ください。

http://hospitalist.jp/journal-club/

テキスト, 手紙

自動的に生成された説明

文責:佐々木 陽典

———————————————————————————————————–

第22回日本病院総合診療学会に参加いたしました。

日本病院総合診療学会発の完全Web開催となった第22回日本病院総合診療医学会ライブ配信に参加致しました。

初日は一般演題で腋窩リンパ節菊池病に関する検討を発表させていただき、次いでJUGLERセッション「症例検討から学ぶ診断推論戦略 by JUGLER」に登壇させていただきました。ちょうど一例目が思春期の患者のリンパ節腫脹の鑑別診断に関する症例であり、直前に自分が発表した思春期のリンパ節腫脹の症例と類似しており、とても印象的でした。私はまんまとプレゼンターを務めてくれた埼玉医科大学熊川友子先生の目くらましに引っかかってしまいましたが、他のJUGLERメンバーの鋭い指摘がとても勉強になりました。2例目も「初期治療がうまくいかなかった時にどう考えて振る舞うか」について考えさえられる貴重な症例で、とても勉強になりました。発表してくれた東京ベイ・浦安医療センターの松尾裕一郎先生の一流の臨床家としてのセンスと勇気に頭が下がりました。

初日の夜には学会サテライト企画として2回目のWeb開催となる若手部会Meet the expertsを開催させていただきました。柄にもなく司会を仰せつかり、緊張しましたが、埼玉医科大学熊川友子先生、飯塚病院鵜木友都先生、代表の名古屋大学近藤猛先生、コロナ専門病院で奮闘中の藤田保健衛生大学近藤敬太先生をはじめ、皆様に助けていただき、素敵な会となりました。

瓜田教授もExpertsとして参加してくださり、乾杯の音頭をとっていただきました。ひとりのExpertsだけでも2-3時間お話を聞きたいようなゲストが一堂に会してくださり、「盆と正月とクリスマスと夏休みが同時にきたような」贅沢な時間を過ごせました。

東邦大学の学生さんも最後まで参加してくれたことが何より嬉しかったです。

総合診療の未来は明るいと確信できました!

2日目は9:00から若手部会目玉企画の一つである「総合診療医が病院長を務めることで病院に生じる効果 – 指導医へのステップ:明日から使える Faculty Development」の司会をさせていただきました。今回は佐賀大学医学部付属病院長兼総合診療部教授の山下秀一先生にご講演いただきました。朝一番のセッションにもかかわらず多くの先生方にご参加いただきました。私は以前から「高度医療機関と初学者のための教育機関としての大学病院のジレンマの解消こそが大学病院総合診療科の使命」だと考えてきたので、山下教授が冒頭で大学病院長とは「大学病院長は高度医療機関(厚労省管轄)の長であると同時に、初心者の為の教育機関(文科省管轄)の長でもある」と話されたことに強く感銘を受け、とても勇気をいただきました。

救急医・開業医としての経験もある山下教授が、総合診療医の歴史を第1世代:サブスペシャリティ+総合診療→ 第2世代:優秀なジェネラリスト→ 第3世代:臨床・研究・教育を通じて後進を育成できるジェネラリストと位置付け、新しい世代の総合診療医に大変な期待を寄せてくださっていることを知り、胸が熱くなりました。

「病院長は常にだれかと対立せざるを得ない仕事、誰かに「ダメだ」という仕事なので、度胸がないと務まらない。」と覚悟をお話された一方で、「院長の仕事は病院内に「対立軸を作らない」ことだ!」と強調されていたことも印象的でした。

現場しか知らない私達若手にとって、「経営はお金だけに走ってはいけない。しかし、しっかりとした経営基盤がないと質のいい診療は担保できない 。経営と診療の質は相関する。」との信念を持って経営・運営に当たっている多様な院長の仕事を知ることができたことはとても貴重だったと思います。

瓜田先生もチャットで私立大学との違い等、コメントをくださり、講演会を盛り上げてくださいました。

2日目は最後のシンポジウム「総合診療医のための臨床研究の TIPS by JUGLER」に登壇させていただきました。仲間づくり、メンター・メンティの見つけ方や共同研究の話で議論が盛り上がり、Cutting edgeな総合診療領域の研究テーマやカテゴリー化の必要性等、とても指摘的な時間を過ごせました。

ちょうどその頃、レジデントの繁田先生は一般演題「サラゾスルファピリジンによる薬剤性メトヘモグロビン血症の一例」を発表してくれていました。繁田先生、見に行けなくてごめん。

そして、オンデマンド配信では沖中君が果敢に挑んでくれた一般演題「細菌性腸炎とウイルス性腸炎の臨床的鑑別」が配信中です!

今回も実り多き学会でした!次回も頑張ります!

文責:佐々木陽典

発表演題一覧: 

2/20 ランチョンセミナー 2 「COVID-19の病態•診断•治療•感染対策」

座長:瓜田 純久 
演者:三鴨 廣繁 

一般演題「腋窩リンパ節菊池病病に関する検討〜腋窩診察の重要性〜」

○
佐々木 陽典、繁田 知之、森 岳雄、竹下 智史、柏木 克仁、鹿嶋 直康、小松 史哉、鈴木 健志、 山田 篤史、河越 尚幸、貴島 祥、竹本 育聖、前田 正、宮﨑 泰斗、瓜田 純久 


一般演題「サラゾスルファピリジンによる薬剤性メトヘモグロビン血症の一例」


○繁田 知之、佐々木 陽典、森 岳雄、竹下 智史、柏木 克仁、鹿嶋 直康、小松 史哉、鈴木 健志、 山田 篤史、河越 尚幸、貴島 祥、竹本 育聖、前田 正、宮崎 泰斗、瓜田 純久


一般演題「細菌性腸炎とウイルス性腸炎の臨床的鑑別」

○沖中 郁実、佐々木 陽典、瓜田 純久

シンポジウム「総合診療医のための臨床研究の TIPS by JUGLER」 

座長:多胡 雅毅(佐賀大学医学部附属病院 総合診療部 准教授・副部長・副診療科長) 

シンポジスト: 


志水 太郎(獨協医科大学 総合診療医学) 

佐々木 陽典(東邦大学医療センター大森病院 総合診療・急病センター) 

鋪野 紀好(千葉大学医学部附属病院 総合診療科) 

和足 孝之(島根大学医学部附属病院 卒後臨床研修センター) 

高橋 宏瑞(順天堂大学医学部 総合診療科) 

JUGLERセッション「症例検討から学ぶ診断推論戦略 by JUGLER 」

座長:多胡 雅毅(佐賀大学医学部附属病院 総合診療部) 

パネリスト:


志水 太郎(獨協医科大学 総合診療医学) 

佐々木 陽典(東邦大学医療センター大森病院 総合診療・急病センター) 

鋪野 紀好(千葉大学医学部附属病院 総合診療科) 

和足 孝之(島根大学医学部附属病院 卒後臨床研修センター) 

高橋 宏瑞(順天堂大学医学部 総合診療科) 

指導医へのステップ:明日から使える Faculty Development 

「総合診療医が病院長を務めることで病院に生じる効果 – 指導医へのステップ:明日から使える Faculty Development」

演者 :
山下 秀一(佐賀大学医学部附属病院 病院長 兼 総合診療部教授) 

司会:

近藤 猛(名古屋大学医学部附属病院)

山下 駿(佐賀大学医学部附属病院) 

佐々木 陽典(東邦大学医療センター大森病院) 

———————————————————————————————————–

第22回日本病院総合診療医学会総会において、佐々木先生が「症例検討から学ぶ診断推論戦略 by JUGLER」でシンポジストを務めました。。

 完全WEB開催となった第22回日本病院総合診療医学会総会は、国立病院機構高崎総合医療センターの佐藤正通先生が主催し、好評開催中です。本学会の看板企画となったJUGLERセッションが今回もライブで配信されました。

座長:多胡 雅毅(佐賀大学医学部附属病院 総合診療部 准教授・副部長・副診療科長)

シンポジスト:

志水 太郎(獨協医科大学 総合診療医学)
佐々木 陽典(東邦大学医療センター大森病院 総合診療・急病センター)
鋪野 紀好(千葉大学医学部附属病院 総合診療科)
和足 孝之(島根大学医学部附属病院 卒後臨床研修センター)
高橋 宏瑞(順天堂大学医学部 総合診療科)

シンポジストが辛口?コメントをとても楽しそうに演者に伝えるセッションは、すっかり開催できなくなった居酒屋カンファレンスを思い出させる雰囲気です。興味深い2症例でした。佐々木先生は寝ているわけではありません。

ちゃんと起きて、コメントしていました。

JUGLERメンバーの背景はなんだか洋風なお化け屋敷を彷彿させます。何処と無くミステリアスな雰囲気と楽しいディスカッションのギャップもJUGLERの大きな魅力です。次回は仮装して欲しいと思ったのは、私だけでしょうか?
JUGLERメンバーの先生、そして貴重な症例報告をして下さった先生、ありがとうございました。

今日、東京は快晴です。通勤路の大森山王には紅白梅が満開を迎えていました。

 次回のJUGLERセッションも楽しみにしています。

                文責 瓜田純久

———————————————————————————————————–

【若手医師・医学生の皆様へ】Meet the Experts in JSHGM22のお誘い

若手・学生向けの第22回日本病院総合診療医学会のサテライト企画Meet the expertsの案内です(学会参加は不要です)。

Meet the expertsとは、学会の夜にお酒を楽しみながら若手医師と熟練医師が出会い、キャリアや診療の疑問などについてコミュニケーションの場を提供する若手部会の目玉企画の一つです。

今回もZoomを利用して開催します。

私が司会をつとめ、柏木先生、山田先生が執筆してくれたHospitalist手技特集を私と一緒に監修くださった亀田総合病院の八重樫先生が参加してくださいます。

開催日時:2月20日 (土) 20:00-

参加費は無料です。

先着80名ですが、まだ余裕があります。お時間のある方はぜひご参加ください。

お申し込みはこちらから(Google form)

https://forms.gle/tDkSFDkmKPetYcbK9

現在参加が決定しているゲストは以下の通りです。

身近なサプライズ・ゲストが登場するかもしれません…。

第1部

山下秀一先生(佐賀大学)

八重樫牧人先生(亀田総合病院)

第2部

官澤洋平先生(明石医療センター)

高橋宏瑞先生(厚生労働省/順天堂大学)

本田優希先生(聖隷浜松病院)

森川暢先生(奈良市立病院)

文責:佐々木陽典

———————————————————————————————————–

繁田先生がTokyo GIM conference 93でメトヘモグロビン血症の症例について発表してくれました。

Tokyo GIM conferenceは関東を中心に全国の新進気鋭の総合内科医が集い、興味深い症例に関して熱い議論を交わす症例検討会です。

コロナ禍で一時休止を余儀なくされていましたが、最近は代表世話人原田拓先生(昭和大学豊洲病院)をはじめとした先生方の創意工夫によりYoutubeとZoomを駆使して再開されました。

2月12日(金)にレジデントの繁田先生がサラゾスルファピリジンによる薬剤性メトヘモグロビン血症の教訓に満ちた一例について発表してくれました。

100人近い聴衆がYoutubeで閲覧するなか、デビュー戦とは思えないような華麗なプレゼンテーションで議論を盛り上げてくれ、一流の臨床家でもある世話人の先生方からも「プレゼンがよかった!」とのお褒めの言葉をいただきました!

21:20-23:00という深夜の勉強会にもかかわらず瓜田教授も参加してくださり、Youtube上の質問に即座に回答してくださるなど、サポートしていただきました。

東邦大学の学生さんも夜遅くまで参加してくれ、学生の沖中君からは「薬剤性の病態を常に頭の片隅に入れておかなければならないことを学んだ。」とのコメントをいただきました。

世話人の先生方からも是非、症例報告として発表すべきだとの励ましの言葉をいただきましたので、症例報告として世界に発信できるように引き続き繁田先生と頑張りたいと思います。

文責:佐々木陽典

———————————————————————————————————–